Blog
シェフの思い出日記

2019.09.13

シェフのヨーロッパ紀行 <ドイツー北イタリア>


今回はドイツ、北イタリアをまわりました。
よく「どの三ツ星レストランがよかったですか?どこのホテルがおすすめですか?」とご質問をいただきますが、
僕たちの旅は「暮らすように旅をする」ということがモットーで
実はほとんど日本の方にもお会いしないような日本人を初めてうけいれるような宿やレストランを渡り歩く旅。
毎日泊まるところを宿主と連絡を取りながら探し、地元の朝市やスーパーをまわって食材を買って
自炊するような事もあります。英語、ドイツ語、わずかなイタリア語をお互いに探しながら
気持ちを通わせ、素敵なアイデアや食材を発掘するゲームのような・・・
今回もたくさんの出会いと感動、アイデアがありました。
出会った皆様に感謝をこめてご紹介させて頂きます。


なつかしいドイツデユツセルドルフのケーニクス通り。
何年たってもかわらぬ景色、街中にもかかわらず確保されているくつろぎのスペースはヨーロッパならではの良さ。
初日はあいにくの雨でしたが、朝食はまずパン屋さんを訪ねて焼きたてのパンを探すところから・・・♪

ありました!
6時からあいているパン屋さん。
まだ薄暗い街でパン屋さんだけ早起きです。
麦の香りが香しい。

ドイツの木苺のタルト。
なにしろ木苺が安いので、こんなにたくさんのせられます!

昔ながらの練り立てジエラートをずっとつくり続けているお店。
ふんわりさらさらした舌触り♫
ドイツ流にしっかりあわあわしたクリームをのせて。
なにしろアイス好きなヨーロツパの人々。
ゴミ箱までアイス。
このゴミ箱だと喜んでちゃんと捨ててくれそうです。

ドイツでは1番店のハイネマン。
良いのか悪いのか・・・むか~しからずっとかわらず・・・
質実剛健のドイツ人らしいお店。

向こう~の端までず~っとチーズ、チーズ!!
これだけいろいろなチーズがあると「はんじゅくちーずだけでもいろんなチーズでつくれたりして~うらやましいな」とシェフ。

もうかわいくて夢中になってしまいました!
フランス語では「パートドフリュイ」フィレンツェにある「GILLI」というカフェ。
なんの下調べもなくみつけた時は宝物に出会った気分でした。

修道院でかつて患者のために100%ハーブから薬をつくった「マリアノベッラ」。
症状を伝えると色々な薬を選んでくれたり、性格や好みの香りを伝えるとコロンを選んでくれます。
「パワーもあって、でも繊細さも持ち合わせた男性」の香りを選んでくれました。

フィレンツェの街にはレベルの高いお店がいっぱい。
ディスプレイも斬新でお腹がすいていれぽ、少しずつ試してみたかった・・・

市場に立寄りました。
たくさんの人がカートを引いて、売り手とたくさん話しながらお買い物しています。
花がついたズッキーニは今だけのお野菜♪
摘みたて感がうれしい市場です。

フェラーリの名前にもなった「ポル卜フィーノ」入り江に立ち並ぶ小洒落たレストランに、港につく大型クルーザー。
わずかな滞在でしたが、とても印象に残る素敵な街でした。

ミラノのスターバックスロータリー
規模は東京のほうが大きいけれど、ミラノの一等地の郵便局だった歴史的建造物にお店をつくってしまうのがすごい・・・


Shop
ショップ

本店

つくば市東新井19-26
Tel 0120-58-3094
営業時間 9:30~19:00
火曜日定休(臨時休業あり)

Google Map>>

ドゥレット店

つくば市研究学園1-2-6(新市役所前)
Tel 029-868-6084
営業時間 9:30~19:00
月曜日定休(臨時休業あり)

Google Map>>

イオンつくば店

つくば市稲岡66-1 イオンつくば1階
Tel 029-839-1270
営業時間 10:00~21:00
年中無休(臨時休業あり)

Google Map>>

土浦イオンべべ店

土浦市上高津367 イオン土浦1F
Tel 029-826-8576
営業時間 10:00~20:00
年中無休(臨時休業あり)

Google Map>>

オンラインショップ